エネチェンジはどうよ。電気料金比較サイトとしては秀逸だけど注意点あり

サイト

電気料金比較サイトがいろいろ登場しています。

電気料金を比較する前に、どこの比較サイトで比較するか、入り口で迷いそうですね。

そこで、実際に比較サイトで電気料金をシミュレーション。

まずは、電気料金比較と検索するとトップ表示されるエネチェンジで比較してみます。

痒い所に手が届く「エネチェンジ」のシミュレーション結果

電気料金の比較サイト「エネチェンジ」を運営するエネチェンジ(株)の設立は2015年4月。SMAP Energy社(英国ケンブリッジ大学のベンチャー企業)のスマートメーターデータ解析技術について、日本独占利用権を取得し、スマートメーターのビッグデータを活用した電力事業者向けのデータコンサルティング事業を行う会社です。

エネチェンジのサイトでは、電気料金は、26の電力会社から、合計153プラン(2016.2.26現在)を比較することができます。

比較は郵便番号入力で、お住いの地域の電力会社をセレクトしてくれます。

ユーザーにあった電力会社、プランが、節約できる「実質金額順」にランキング。

プランのポイントから、セット割り、ポイントカードの連携まで一目瞭然です。

エネチェンジ

エネチェンジで電気料金を比較する際の注意点

比較するとまず表示されるおすすめ順なのですが、ここで表示されているのは「実質金額順」。

ここに表示されている金額が、まるっと安くなるわけではありません。

ポイントなども金額に換算しています

おすすめ1位の東京ガスの15,806円の内訳を見てみると、

インターネット料金の節約3,888円

パッチョポイント 1,889円

さらに加入特典のパッチョポイント 1,000円も割引金額に加算されています。

エネチェンジ1

実際に節約できる金額順に並べると、順位が違ってくる!

上にある「おすすめ順」のタブを「電気代節約額順」に変更すると、先ほどの順位とがらりと変わります。

ポイントに興味のない人は、要注意ですね。

エネチェンジ2

 

上記のようなちょっとした注意点はありますが、わかりやすいサイトで、電気料金比較には、欠かせないサイトになりそうです。

 

エネチェンジ

コメント

  1. […] エネチェンジはどうよ。電気料金比較サイトとしては秀逸だけど注意点あり […]

タイトルとURLをコピーしました